2010年09月02日

ハイボール大作戦と不思議なネーミング

街中の飲み屋さんがいつの間にか黄色いのぼりでいっぱいになった
サントリーの角ハイボール大作戦。

低迷するウィスキーの需要を一気に底上げしたのは
ウィスキー部に異動になった課長さんの功績だそうです。

「なぜ売れないのか」を検討したところ
ウィスキーは2軒目の需要になっていたそうで
1軒目の「とりあえずビール!」と同じところにいなければやっていけない。
そこで市場調査を重ねるうちに出てきたのは
サントリーに代々伝わるハイボールの黄金比「アルコール度12%」は
一般には「濃すぎる」という事実。

8%まで薄めて、さらにぐびっと飲めるようにジョッキに入れて、
黄色いのぼり作戦とCM、ネット作戦を連動させ
角瓶は一時生産が追いつかなくなるほどの人気になったそうです。

当たり前、を見直してみる。
あの、居酒屋さんのジョッキ入りのハイボール、
「うす〜!!」と感じる理由に納得なのでした。


ところで、組立通信の夜の定番でもある「角瓶」ですが
ラベルのどこにも「角瓶」と書かれていないのに
「角瓶」と呼ばれているの、すごいですよね。
続きを読む
posted by マッキー@組立通信LLC. at 01:03| Comment(0) | 編集室のつぶやき | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

病院の帰りには

組立通信事務所入口の
小さなウィンドウギャラリーショップ。

天五中崎のウィンドウギャラリー_0019.jpg

いろんな人がいらっしゃいますが
意外に多いのが
北野病院、行岡病院で検診やお見舞いを終えた方。

病院って、楽しくないですよね。
せめて帰り道に、目がホッとするものがあれば… ということで。


組立通信の小さな雑貨ショップ_0037.jpg

みなさん実に楽しそうに見て、選んでいかれるので
こちらも幸せな気分になります。

子どものころ、通院の帰りには喫茶店に連れて行ってもらえました。
「楽しくないことの後には、楽しい寄り道をする」という母のおかげで
クリームソーダにミックスジュース、パフェなどなどが楽しみで
通院はそんなに苦ではなく、むしろ寄り道が楽しみだったのでした。
posted by マッキー@組立通信LLC. at 19:46| Comment(0) | 快適研究家マッキーのひとりごと | 更新情報をチェックする

ミニチュア好き

ミニチュア好きです。
それも
指でつまめるほど小さくて、本物そっくりのリアルなミニチュアが好き。

窓にいろいろ飾っていたら「売って欲しい」という声が多く、
売り物としても置いているうちに
ついに入口付近のスペースがお店になってます。 るんるん

8月の人気ミニチュアは、こちら。
ペンの前においてこの小ささ、リアルさ!


リアルミニチュア.jpg

この商店街は夜のお店が多いので「ちょっと見て楽しいもの」があまりないのです。

おばあちゃんと子ども、犬の散歩中の人、
病院帰りの人、通りすがりのサラリーマン、ほろ酔いのおじさん…
大人も子どもも笑顔で口をあけて窓をのぞいているのは
なかなか平和でいい感じです。
posted by マッキー@組立通信LLC. at 12:21| Comment(0) | 編集室のつぶやき | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。