2010年06月25日

「他人の仕事」は、わからない

大阪産業創造館が発行している情報誌の表紙に
「あっぱれ!EVプロジェクト」の電気自動車の内装をされた
川口自動車の近藤さんを発見。

板金加工や内装の現場を初めて見た私にとって
淀川製作所さんや川口自動車さんの取材は、
とても興味深いものでした。
近藤さんは車にとても誇りを持って接しておられる方で
考えて工夫して、気持ちをこめて手がけている、
それがとても伝わってくる方だったのです。
(↓ 左の青い服の男性が近藤さん、真ん中は川口社長さん)

川口さん_1898.jpg


車が内装に渡った時は、布や竹など素材だけがあって
「あとはお願いします」という感じでしたが、
当時を振り返って近藤さんは
「…ちょっと待ってよ、内装をなめてないか」そう思ったと言っておられました。

そう、人の仕事ってそれほどにわからないものなのです。
わからないのに、簡単にできそうに思ってしまう。
「ちょっと塗るだけ」
「ちょこっと貼るだけ」
「ささっと書くだけ」
それは、プロだから、そう見えるだけ。
(たまに見せかけより浅い人もいてますが、それは置いといて)


「遊んでるような仕事やん」そう言われたことがあります。
「私の方があなたよりよっぽど忙しい」そう言い切った人がいます。
でも他人の仕事って、
実際にそばで見て、感じるまでわからないものなのです。

一人の大人が、勉強でも趣味でもなくプロの仕事としてやっている、
その人費換算ができる人も、意外に少ない。
たとえ経営者であっても、意外なほど少ないのです。


川口自動車さんが表紙を飾る情報誌「ビープラッツプレス」は
最新号ではありませんが、
スイッちマートで『町工場のおやじ、電気自動車に挑む』をお求めの方に
しばらく同封させていただきます〜本

posted by マッキー@組立通信LLC. at 19:07| Comment(0) | 町工場のおやじ、電気自動車に挑む 出版日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。