2010年07月27日

繊細かつ図太い職業

書く仕事をするうち、いつしか矯正されていたものに
「人見知り」があります。
知人のライターさんにも人見知りな方が多く、
どんな時でも臆せずバシャバシャ撮っちゃうカメラマンはすごいなぁ…と思うなかれ。
カメラマンにも、とても繊細な方が多いのです。

でも共通して、
黙っていてもみなさんとても人をよく見ています。そもそも、繊細でなければ
クリエイティブの仕事はできないのではないでしょうか。
なにせ「初めて会う人と話す」仕事なので、
会った瞬間、相手の機嫌や波長を読み取って、
協力的かどうか、聞かれたくないこと、聞いてほしそうなこと、
これには興味あり、興味なし…を感じとらなければ、怒らせてしまいます。
それでも空気を察知した上で
踏み込んでいい部分にずずいっと踏み込んでいかないと、仕事になりません。

逆に、趣味や楽しみでお店のことをあれこれ書いている方には
入口が「客として」入っているせいでしょうか、にぶ… と感じてしまう方が多い。
たまにカウンターで隣りあわせたりして見ていると
なんでもおかまいなしに質問するわりに、返ってくる言葉のニュアンスを聞いていない。
お店の人がだんだん楽しくない顔になってきているのにも、気づかない。
だから何でも書いてしまえるのでしょうが…。

言葉の恐さを知っている。
それが
書くこと話すことを仕事にしている人に必要なものなのかも知れません。
posted by マッキー@組立通信LLC. at 01:00| Comment(0) | 編集室のつぶやき | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。