2010年09月16日

勝つためのカラダ作り

俳優の渡辺謙さんの体は
専属のトレーナーが診ておられるそうです。
毎日ずっと一緒にいて、奥さん以上に体に触れているという話を聞いて
あんなに活躍されている理由に納得なのでした。

疲れもコリもしびれも痛みも
翌日に持ち越すことなく、その日のうちに解決する人が
「デキる人」の共通点みたいです。
違和感を感じたら、すぐ治療する。
持っていても余計にしんどくなるだけ…と
アンチエイジングの取材で整骨院の先生がおっしゃっていました。
60歳を過ぎてもゴルフや水泳やテニスを楽しんでおられる方は
トレーニングや試合の帰りに整骨院を利用することが多いのだとか。

メンタルの問題は、もっとそうです。
日本ではプロのコーチやトレーナーのいる環境がまだまだ根付いてないようで、
オリンピック選手でさえ、自分の気力と根性で戦っている。
最近では企業でも取り入れるところが増えてきましたが、
それほど、メンタルや体のトレーナーは、スポーツやビジネスに不可欠なものです。
「個人の裁量に任せて」「ひとりで頑張る」、
これがじつは一番効率が悪い。

勉強もダイエットもビジネスも、
前へ行くために必要なものには
共通点があるようです。
posted by マッキー@組立通信LLC. at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 快適研究家マッキーのひとりごと | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。