2010年09月05日

アシュリーちゃんに思うこと

人の10倍の速さで年を取っていく病「プロジェリア」。
800万人にひとりというこの難病を持ったアシュリーちゃんが
2009年に17歳で亡くなるまでを追った遺伝子の番組がありました。

病気ものや死んでいくドラマはきらいなのでほとんど見ないのですが
魂のレベルというのでしょうか、アシュリーちゃんに吸い込まれるように
追いかけて見ていました。

プロジェリアは「死ぬ」病ではなく、「急速に老いていく」病です。
とうに体の成長が終わり、老いていくアシュリーちゃんの日々を見ていて当時不思議だったのは、
「どうしてアシュリーちゃんは
 そんなに学校に行きたかったんだろう?」ということ。

体がどんなにしんどくても痛くても
友達がみんな思春期を迎えて大人になっていく中、自分だけが置いてけぼりでも
なんとしても学校に行こうとするアシュリーちゃんが不思議でした。
子どもの私がアシュリーちゃんだったら、
「学校に行く時間なんてムダじゃないの」と思ったと思うから。

人は社会の中で生きる生き物だから、
ある年ごろを過ぎたら自分のいる社会を選ぶことができるし
それもいつでも選び直すことができる。
でも平均寿命15年とされるプロジェリア患者のアシュリーちゃんにとって
その選択肢はあまりにも少なく、学校こそが大きな社会だったのでしょう。
教会に通って、ペットショップでアルバイトもして、
アシュリーちゃんは毎日をいたって普通に過ごしていました。
17歳の女の子がすることを全て経験させたいというおばあちゃまに連れられて
ネイルサロンに行ったりしながら。

生きていること、それは
自分でなんでも経験できるということ。

100歳まで生きても数十年しかないというのに、
「いつ死んでもいい」なんて言えながら、明日死んだら困る。
「そのうち」「いつか」「今のところ」「ゆくゆくは」という言葉を使える特権がある。
朝目が覚めたら、また今日がある。毎日新しい一日がやってくる。
いつどこで何で中断されるかわからないけれど、
そんなふうにして、人は
死ぬ瞬間まで生きている。

来年があって来月があって明日がある、普通に「ある」と思っている。
いつのまにか
今日を忘れていることがあると気づくのです。



アシュリーが教えてくれたこと

posted by マッキー@組立通信LLC. at 00:05| Comment(2) | マッキー禅問答 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
場所を使うのは設計のが条件の2を限定するのです。場所を使って異なって、かばんの造型は異なります。もし仕事の環境の中で造型の誇張のかばんに適しないならば、祝日の集まりの中で適します;運動の時使うかばん、最も重要に小さくて精巧ですから考えます。まさにスーパーコピーの1つの名言のようで、“適当な時適当なかばんを取り出します。”異なる色、材質とデザインのアクセサリー、よく異なる年齢に適する人はつけます。スーパーコピー
Posted by スーパーコピー at 2014年02月27日 11:16
場所を使うのは設計のが条件の2を限定するのです。場所を使って異なって、かばんの造型は異なります。もし仕事の環境の中で造型の誇張のかばんに適しないならば、祝日の集まりの中で適します;運動の時使うかばん、最も重要に小さくて精巧ですから考えます。まさにレプリカの1つの名言のようで、“適当な時適当なかばんを取り出します。”異なる色、材質とデザインのアクセサリー、よく異なる年齢に適する人はつけます。レプリカ
Posted by レプリカ at 2014年02月27日 11:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。