2010年09月08日

9/9、関西テレビに登場します

明日9月9日(木)のスーパーニュースアンカー
関西人のオノマトペが特集されます。

さきほど、組立通信オフィスにて収録が終了しました。
豊島美雪さんのインタビューが流れるのは5時15分ごろの予定です。

スーパーニュースアンカーは関西テレビの報道番組で、
何事にも体当たりの、笑顔の素敵な人気キャスター・山本浩之アナがメインキャスターです。
で、明日木曜日の出演者は宮崎哲弥さん。
宮崎さんといえば…ボギャブラリーに一つのオノマトペもないようなキレキレのコメンテーターさんなので
いったいどんなコメントが出てくるやら、ちょっと楽しみですね。

収録のあと、雑談の中で「間(ま)」の話が出て、
美雪さんが面白い話をされていました。

ある噺家さんによると
観客が笑っている時は、たたみかけてネタを続けても笑ってもらえないそうです。
今笑っている=息を吐いている、ということだから
次に笑うための息の準備ができていないから。
だから、上手な噺家さんは、観客が息を吸っている「間」を読んでネタを言うのだとか。

プロのナレーターの条件も、声の美しさや発音ではなく、「間」なのだとか。
どのタイミングでどの言葉をどう伝えるか、間のとり方とリズムがコツとなるわけです。

取材やインタビューにも、リズム感や間はとても大切。
話す、という、会話自体がリズムだから、
書くこと以上に頭を使うことでもあるのです。
posted by マッキー@組立通信LLC. at 13:52| Comment(2) | キュッと曲がって90°! | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オノマトペの多さが日本の特色だとするなら、大阪人こそ日本人、関西人こそ日本人という意見が出ても良かったのに。
Posted by momo at 2010年09月09日 17:37
そうですね。
関西人のオノマトペをしっかり伝えられる番組はそうないように思いますね。
「大阪ほんわかテレビ」ぐらい??
Posted by マッキー at 2010年09月12日 23:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。