2011年02月08日

冬のサクラに思わずツッコミ

冬ソナのパロディと思いこみ、見るとはなしに見た日曜ドラマ「冬のサクラ」。
ありえなーいストーリーとわかりやすーい役柄、
過剰なほどになりきって演じている役者さんたちが、楽しそうです。

そもそもドラマは作りものなので、「うそくさー」は、それはそれでいいのですが、
「それはないやろー」とついツッコミを入れてしまうのは
娘が無邪気すぎること。

子どもって、
家族の中で、いちばん敏感な存在だと思うのです。
両親の不仲に気づかない子どもはいないし、
まして
両親と姑の三角関係に気づかないことなんてないだろうし
こんなピリピリした大人たちに囲まれていたら
親の顔色には人一倍敏感になると思うのです。ウソだって見抜いちゃうし…。

山形に行ったヒロインの前に現れたのが、夫ではなくて娘だったら
父親の浮気相手とその陰謀をかぎつけるのが娘だったら…と妄想してしまいました。

女友達の意地悪さとか、異性がからんだらどうなるかとかも
ここまで警戒心ゼロの女性なんていないですよ。。。というか
こうなるまでに揉め事の嵐のはずですよ。
私なら、エロい女の人には赤信号点滅しまくって近づけないっ。ビームッ!

うっそくさー、でもおもしろぉー、という人物描写は
韓国もののほうがダントツ勝ってますね。
posted by マッキー@組立通信LLC. at 08:53| マッキー禅問答 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。