2011年03月18日

震災後、テレビの言葉

電力会社の方の話によると、秘書室のおもな仕事は
「Q&Aを作ること」なのだそうです。

「現場を知らない」記者会見担当の方やトップ陣が
記者に言われた質問にどう答えるか。
「それを延々考えるのが仕事です」と聞いた、そのとおりの会見が
毎日映っています。
たくさんのQ&Aが書かれた紙を繰り、答える言葉を捜す姿が。

被曝の恐怖の中、現場で戦う方たちの奮闘は
決してニュースに映ることはありませんが
命がけの限界でのご苦労を思うと…
ただただ、
これ以上の惨事にならないことを祈るばかりです。

それにしても
国家レベルのメッセージで
「安全です」「安心です」と
あまりに声高に叫ばれているものの怪しさ。

「大変危険なものを、安全を保つように『努力』している」。
そんなメッセージが普段にも必要なように感じます。
「安全です」も「安心です」も、現在形では欺く言葉でもあるから。


すっからかんになったスーパーのカップ麺売り場を映しながら
「買いだめはやめて」「冷静な行動を」なんて言うレポーター。
震災から日が浅い被災地で、
小学生の子どもたちにマイクを向け
「おなかすいてない?」「お父さん心配だね」とわざわざ尋ねたレポーターには
「あんた何しに行ってるんや〜!」とあっけにとられ…


「伝える」メディアに携わる身として
「伝える仕事」について、「使う言葉」について、
改めて考える日々です。
posted by マッキー@組立通信LLC. at 19:25| マッキー禅問答 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。