2011年10月27日

楽しいオシゴト2

一所懸命も大切だけど、
楽しい人とするお仕事は、それだけで楽しい。
「楽しい」は、伝染するから。

南大阪の情報誌、発行責任者の中村部長。
繊細だけれど明るい、そして何より、とても楽しい方で
一緒に本気で楽しんだ旅のレポートを毎号お届けしています。

Ferie40号「The日本」、丹後の旅。

少年野球の監督で、楽しむ精神&好奇心が旺盛。
バリバリの営業マンさんでしたが、本来持っておられたクリエイティブ魂に火をつけてしまったようで、
「企画よりも現場」「『楽しい』は伝わる」という組立通信に
「今回もおまかせしま〜す」。
これが
旅先で出会うのも、たいてい地元愛にあふれた楽しい方たちで
笑ってばかりの旅(←仕事だってばむかっ(怒り))に。

「大人が楽しく読めるフリーペーパーを」。
そんな思いで創刊して、ついに40号。
紙のメディアが大変なこの時代、紆余曲折あったことや「産みの苦しみ」を忘れてしまう
クライアントさんです。
経営者である木村社長も人間味あふれる素敵な方で、
ワインをご馳走になる時間を、いつも楽しみにしています。

posted by マッキー@組立通信LLC. at 16:40| 編集室のつぶやき | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

楽しいオシゴト

気がつけば、ひと月連続休みナシあせあせ(飛び散る汗)
でも少しもささくれていなのは、
「楽しいから」。

新しい。フォーマットがない。学ぶことだらけ。そして作業ではない。
速さも大切な課題なので、文句や愚痴が出る暇がない。
もちろん大変だけど、それ以上に楽しい。

楽しくお仕事をするために、一人費(いちにんぴ)意識がないクライアントさんとは
お付き合いしないことにしている。
途中で必ずうまくいかなくなるから。
逆に制作チームでは
時間意識が過ぎる方とは、ご一緒しないことにしている。
どこかから「やらされ感」がにじみ出てくるから。
やがてそれが愚痴と文句と批判になり……伝染するから近づかない。
そんなのは
クリエイティブの足をひっぱるものでしかないから。

分かり合えない人とモノづくりをすると、
消耗しかしない。これほどの悲劇はないと思うのです。


そもそもクリエイティブの仕事に「やりすぎ」はないし
一所懸命がないと、人さまに伝えるものなんて作れない。
コミュニケーションのお手伝いをするわけだから、
クライアントを好き、というのも
とてもとても
大切なことだと思うのです。
posted by マッキー@組立通信LLC. at 18:18| 編集室のつぶやき | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

ANA事件、なんでそんなところに付けたの??

この記事のように、
「ウソ? ホントに??」と誰もが思った、全日本空輸(ANA)の“背面飛行”事件。

日経ビジネスオンライン

多くの報道では、「押し間違いの」人為ミスと「トイレに行った」ことばかり
クローズアップされていましたが、

なにより疑問に思ったのは
「なんでそんな紛らわしい場所に、並べてスイッチを付けたんだろう??」
それも、
危険度特大レベルのボタンと
しょっちゅう使う開閉ボタンを??

人はとっさの時にミスをする。
それを見越した設計をしないと人為ミスだらけになる、
「事故は設計で防ぐものだ」と
住宅設備メーカーの仕事をしたときに聞いたことがあります。

蛇口を下げると上げる、どちらが「止める」行為に向いているか。
洗っていると腰が痛くなるシンクとか
よく倒してしまうグラスとか
そんな「もの」に合わせるのではなく「人の動きや習性が主体」のために
人間工学があるそうです。

その点、「自動」は怖いですね…。
ロケで乗せていただく車の後部座席、
スライドドアに何度腕を挟みかけたことか……ちっ(怒った顔)
洗面台の水が自動で流れる機能、
あれのおかげで、あっという間に流されていったコンタクトレンズに
なすすべもなかったことも……。……ちっ(怒った顔)

手を洗おうとして、カバンから転がり落ちた携帯電話が即水害にあい
さけんでいる女性を見かけたこともありました。

最近は節電モードで停止している機能が多いですが、
それはそれで
「なくてもいいんじゃない?」と思うこのごろです。
posted by マッキー@組立通信LLC. at 14:02| 編集室のつぶやき | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

世界のテーマパーク入場者ランキング

調べもの仕事が多い今日この頃。
こんなランキングに触れたページを発見しました。

世界のテーマパーク入場者数ランキング2010

大半がウォルトディズニーワールドのなか、
世界で、
東京ディズニーランド3位、東京ディズニーシー4位、
大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパン9位入り。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

組立通信の周りにも、
USJには年間パスポートを購入して通っている、という
40代夫婦がちらほら。
家族や子連れで、ではなく、夫婦です。
「とにかく楽しい非日常」なので「子どもとは行かない」のがコツなのだそうな。
我にかえることがないように
ディズニーランドのトイレには鏡がないそうで。


ランクインしているのは、やはりサービス産業の国々ですが
ロシアやポーランドや、中国大陸のテーマパークって
どんな雰囲気なのでしょうか。
posted by マッキー@組立通信LLC. at 18:20| 編集室のつぶやき | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

「天神祭の歩き方地図」のデザイナー山崎さん

大きなお仕事が終わると、
放電しつくして、しばらく現世に戻ってこられないことがあります。
今年の上半期、最大に消耗した本はこちら、
別冊大阪人・天神祭の歩き方地図

わずか2ヶ月半の、その濃ゆ〜い制作秘話は、6月のトークイベントでお話しした通りですが
この本でご一緒した山崎慎太郎さんは
すばらしいエディトリアルデザイナーさんでした。

顔合わせという名の打合せで、数時間一度お会いしたきり。
その後はずっとメールと電話だけで「会う暇もない」状態にもかかわらず、
とんでもないスケジュールの中、
アタルでもなく、イヤミを言うこともなく、
貫くように予測を超える仕事をされる「仕事師」でした。

京阪沿線の方には、フリーペーパー月間島民
デザイナーさん、といえば「ああっ!」とわかる方も多いのでは…。

本音のところ、
クリエイターさんとご一緒するのは、得意ではないのです。
(締め切り時間過ぎてもメールがこないとか、突然キレるとか、八つ当たりされるとか
 携帯電話がつながらなくなるとか…精神的によろしくない状態にはまることが多い)
しかし、今年はどうしたことか
素晴らしい人々にめぐまれて
クリエイティブチームのアタリ年です。

自分が手がける紙面に、隅々まで責任を持つ。
社会性もあって「腹のすわった」という言葉が似合う素晴らしいデザイナーさんでした。
ほんとに、めちゃめちゃいい仕事をする方です。
またいつか
もうちょっとまっとうなスケジュールのお仕事でご一緒したいものです。
posted by マッキー@組立通信LLC. at 18:53| 編集室のつぶやき | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

5年ぶり、事務所のお引越し

天五の商店街から、天二、南森町へ。本日から新しい事務所です。

天満天神繁昌亭と目と鼻の先、ワーズカフェのカツサンドまで数十秒。

それにしても、天満の物件を見て、見て、ひたすら見て、
また仕事場の荷物を大整理して、捨てまくった8月でした。暑かった〜。


天満で物件をお探しの方へ、
「住居物件」は、南森町のエイブル(鞄兼sエステート)Kさんへ、
「店舗物件」は、天満駅前(商店街側)の丸六不動産Kさんへ、
「オフィス物件」は、ビルフローSさんが、おススメです♪
posted by マッキー@組立通信LLC. at 19:42| 編集室のつぶやき | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。