2011年01月28日

カキビールと牡蠣!!

かき料理.jpg

水揚げされる牡蠣たちに遭遇。
すごい量です。

水揚げカキ.jpg


1時間にバケツ一杯分もの海水を吸い込み、プランクトンをこしとる牡蠣。
川から流れてくる「山の栄養」もふんだんに含み、
リアス式海岸の伊勢志摩は、牡蠣に最高の栄養を与え、育てるそうです。

すっぽんやマムシと並ぶ、超パワー食材です。
posted by マッキー@組立通信LLC. at 00:00| 編集室のつぶやき | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

旬の食材を求めて、伊勢へ

南大阪の情報誌「Ferie」の取材で
昨日から伊勢にはいってます。

旬の食材を求めて、牡蠣まみれの旅晴れ地下鉄
今がまさに旬の、ぷりぷり、むちむちの牡蠣たち、おいしい〜!

快晴の中、本日は浦村・的矢の生産地へ移動です。
posted by マッキー@組立通信LLC. at 09:11| 編集室のつぶやき | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

ブログ解禁

新刊本「ペンギンの飼い方」がようやく完成しました。 ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

本の印刷出稿に
いろんな案件が重なってやってきて
かつてないほど怒濤の一ヶ月でした。
それも
ひとつ段取りを間違えると全てが狂ってしまうタイトさ……。あせあせ(飛び散る汗)

やるべきことを全て文字にして、一目でわかる、見えるようにする。
時間との戦いを乗り切ったデスクの強い味方です。
「あれどうなってる?」と言われない情報共有にもなるので
このまま会議にも使ってます。


カレンダー_0084.jpg
posted by マッキー@組立通信LLC. at 11:59| 編集室のつぶやき | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

大阪地検☆特捜部

なんだかごっつい事件になっていっている、大阪地検特捜部。

実は昨年の秋ごろから、あるボードゲームのリメイク版として
「大阪地検☆特捜部」というゲームの商品化にむけた企画が動いていたのです。
普通に進んでいれば今ごろ商品化されていたところで、
良かったのやら,悪かったのやら……?


プロモーションムービーはこちら。

大阪地検☆特捜部 水上バス編
大阪地検特捜部 ダブルムーブ編

制作&出演は、プランナー、写真家、ライター、広告代理店…と、
全員が大阪市北区で活躍するクリエイター仲間たちです。



posted by マッキー@組立通信LLC. at 23:23| 編集室のつぶやき | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

銀座の本のコンシェルジェ

銀座の真ん中、アップルストアや松屋近くにある老舗書店「教文館」。
お店の男性が客人を案内してきて、私のすぐ隣の書棚で足を止めました。

聞くとはなしに入ってきた会話に…耳を澄ませました。

「こちらの女流文学のコーナーにございます。ちなみに○○の本は、どれを読まれましたか」
「いえ、初めて読むんです」
「でしたらどうぞ、この本を最初にお読み下さい。それから、こちらとこちら。
 この順で読まれると、入りやすいように思います」

ではごゆっくりと。そう言ってレジカウンターに戻られると、
また別のお客様から声が掛かります。

「○○系の本はどこにありますか」
「特定の書名をお探しでしょうか? …特にはないのでございますね。
 このジャンルの本は幅広くございまして…初級でしたらこのあたり、中級はこのあたりに…」

客人が求める一冊、それを売り場まで、本のトビラまで案内する姿。
書店の男性は若者ではなく、落ち着いた年代の方だったので
本のコンシェルジュのようだったのです。

なんだかあたたかい気持ちになって銀座を後にしました。


posted by マッキー@組立通信LLC. at 01:00| 編集室のつぶやき | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

ヘイ、ジュード

大ヒットする曲はタイトルがカンタンで優しい。
歌謡曲でも演歌でも、
それも、ちょっと単純すぎると思うぐらいカンタンなのがいい。
懲りすぎてなんて名前だったか思い出せないようではヒットしない、
商品名と同じですね。

ジプシーキングスやカーペンターズ、ボサノヴァの名曲と合わせて
海外のレストランバーなどに行くと、生バンドによく歌われるビートルズ。
世界中でヒットしたからでもありますが
聞き手が心の中で一緒に歌えないと、心地よく聴いてもらえない、という
選曲の基準によくあっています。


スタンド・バイ・ミー
アイ・ウォナ・ホールド・ユア・ハンド
プリーズ・プリーズ・ミー
アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア
プリーズ・プリーズ・ミー
ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ
ストロベリー・フィールズ
イエロー・サブマリン
ゲット・バック
オール・マイ・ラヴィング
ロールオーバー・ベートーベン

これ全部、サビ=曲名で、しかもひたすら曲名のリピート。

歌い出しに曲名が使われていると、
覚えられるし、忘れられにくい。鼻歌ならこんな感じ。

ヘイジュード、フンフンフンフン…
ミーッシェール、フンフン…
イエスタデイ… フンフンフンフンフンフンフンフフーン…
レディマドンナ、フンフンフンフンフン…
イッツビーンアハードデイズナイト、フンフフンフフーンフフフフーン…
ドント・レット・ミー・ダウン、ドント・レット・ミー・ダウン…

使われている単語のカンタンさもさることながら、
ビートルズはネーミング力も抜群です。
キャッチーなフレーズが浮かんで、そこから作っていっている、そんな感じがします。


posted by マッキー@組立通信LLC. at 10:21| 編集室のつぶやき | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。