2010年06月24日

今ごろ何言うねん!

「あっぱれ!EVプロジェクト」Meguruと淀川製作所が
リクナビに紹介されています。

カターイ記事かと思いきや、
社長の発言がそのまんま載ってて、笑ってしまいました。

     ↓

「徐々に出来上がってくると、デザイナーの欲望が高まってきて『あっちはこうして、こっちはああしよう』と意見を言うんです。『今ごろ何言うねん。前はこう言ったやんけ』(笑)」(本文より)


そう、今だから笑えますが、社長も山本ちゃんも
泣いて滑って転んで沈んで…だったのです。
「大変だったことを笑える」って、人間のとても素敵な能力ですね。



posted by マッキー@組立通信LLC. at 19:12| Comment(0) | 町工場のおやじ、電気自動車に挑む 出版日記 | 更新情報をチェックする

プロの領域…愛でしょ、愛!!!

「ライターなんて、誰にでもなれますよ」と
クライアントの前で吐いたライターがいた。
「たいした仕事じゃないですから。締切はキツイですけど」

それは、どう前向きに受け取っても謙遜とは思えなかった。
どうしてわざわざ自分の仕事を貶めるような発言をするのだ、
締切がキツイ、それだけは事実だけれど、
締切があるから「仕事」なんじゃないですかっ。

ほほほほほー、いったいどんな原稿が上がってくるのかと思ったら
確かに「誰にでも書ける」原稿で…
即、書き直し〜〜! キャーッ!!


結局、何度も書き直しを依頼して
ついに「これだけの文字数でとても書けません」と泣きが入り
とうとう引き上げて
文案作家の福氏にイタコを呼んでもらい、原形をとどめないぐらい、書き換えた。
あとでそのページが彼の「代表作」としてネットに上がっているのを発見して
カサカサ乾いた味気ない風が吹いた。

ハードな制作中、薄ぼけ〜たテンションに陥ったら
彼の発言を思い出して建て直しを図るようにしている。

でも、確かにライターって、
誰にでもなれるか、と聞かれたら、誰にでもなれる。
ただし、絶対必要なものがある。
それは「愛」だ。
人に関わる仕事なのだから
愛がなくて文章なんて作れない。言葉なんて大切に使えない。


編集者、ライター、デザイナー、いろんな言葉で自分の職業をを語ってきたけれど、
「もっとほかにいいネーミングがあるはず」と悩んでくださったのは
『町工場のおやじ、電気自動車に挑む』の著者、淀川製作所の小倉さんでした。
「クリエイティブな仕事やねんから…」と。

クリエイティブ、
なんてわかりにくいものを職業にしているんでしょうね。
posted by マッキー@組立通信LLC. at 07:00| Comment(0) | 町工場のおやじ、電気自動車に挑む 出版日記 | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

エロおやじ→ちょいエロおやじ→そして…

「町工場のおやじ、電気自動車に挑む」の本の中で、
印刷に出す寸前に3回書き換えた言葉があります。

小倉さんの表現では『エロおやじになってしまう』。

…念のため本人に確認したほうがいいんちゃう〜?
と校正をお願いしたところ、案の定、
「頼むわっ! 嫁さんに見せられへん〜!!」
涙・涙の泣きが入って『ちょいエロおやじ』にプチ修正。


それでも泣き落としが続き、
うなりながらひねり出た表現は『一人陽気に走ってしまう』。
これでやっと出稿となりました。

「言葉を字にするのってむずかしいなぁ。そやけど、やっぱりエロおやじやでぇ」と小倉さん。
文字にできなかったいろいろは、
どうぞ、小倉さんの講演をお楽しみに…。
posted by マッキー@組立通信LLC. at 17:06| Comment(0) | 町工場のおやじ、電気自動車に挑む 出版日記 | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

デザインってわかれへん〜!

最新版、町工場のおやじ本POP。
なんだかバナーみたいですね、リンクしたい方はどうぞ〜。ひらめき

メグルバナー.jpg

この電気自動車Meguruが完成するまでを放映した
「バンキシャ!」や「ニュースBIZ」をご覧になった方のなかには
ヤラセ? 台本あるんちゃう? と思った方もいたようで…。
ところが映像は全部、本当に起こった事の記録です。

この小さな町工場の電気自動車プロジェクトが新聞やニュースで流れるたび
「中小企業ってヒマなんですかね」とか
「電気自動車なんて誰でも簡単に作れるのになんでこんなに話題なの」とかいう声を耳にしました。
確かにそうなんです。
「電気自動車はガソリン車の部品の1/3しかないから簡単に作れる」。
「そんなに大変な技術が必要なわけではない」。
本や新聞やニュースで言われていることは事実で
同じことを言う人は多いです。

でも「誰にでも作れるで」と言う人の中で
実際に自分で作ってみたという人は、ほとんどいないのですよ。

「自社ブランドの開発」も同じ。
勉強会や講演会に参加する社長さんはあんなに多いのに
実際に開発に取り組んだ人はごく一部。
おもしろいことが大好きな大阪人でも、
ほとんどの方は、行動しないで「思うだけ」です。
だから、話題になるんですね。

「これからはカワイイデザインやないとアカンで」
そう言った小倉さんは今でも
「デザインってやっぱりわからへん〜!」と言います。
だから面白い。七転八倒して、すんなりいかないから面白い。

思いついたことをやってみる、
「やる」と決めて行動を起こしてみる。
そのパワーにスピードが重なった時
初めて強いエネルギーになると思うのです。
posted by マッキー@組立通信LLC. at 07:00| Comment(0) | 町工場のおやじ、電気自動車に挑む 出版日記 | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

テレビ大阪「NEWS BIZ」に登場します

電気自動車Meguruの開発過程を
プロジェクトリーダーである淀川製作所の小倉社長の目で描いた本
町工場のおやじ、電気自動車に挑む」が
いよいよ本日から発売となりました。

そして本日6月8日のテレビ大阪「ニュース BIZ」に
この本と
組立通信の真柴マキがちょこっと登場します。

NEWS BIZは夕方5時13分〜5時30分の関西のニュース番組ですが
この時間帯に放映しているのがもったいないぐらい
ていねいな作りのニュース番組です。
(この時間にテレビを見るのって…むずかしい ^^;)

それにしても
たくさんの方にMeguruと淀川製作所さんの挑戦が
伝わるとうれしいですね。
posted by マッキー@組立通信LLC. at 13:22| Comment(0) | 町工場のおやじ、電気自動車に挑む 出版日記 | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

EVプロジェクトの本ができるまでD

組立通信が本を作る時の基準は

「楽しいか」
「つながるが」
「未来的か」。
そして何より「その人を好きか、または尊敬できるか」。

どれが欠けても、仕事としてお引き受けできないことになっています。

制作や本作りって、向き合ってする仕事ではなく
隣に並んで一緒に完成させていく仕事だから。
それも、長い長い時間を隣りで過ごすわけです。
会っていて楽しくない人とは疲れるだけだし
「この人の想いをたくさんの人に伝えたい」という
作り手の気持ちが前提ではないかと思うのです。

ところで小倉社長とは
共通の知人の紹介で半年前の12月に初めてお会いしましたが
ほんとは最初、お断りする気持ち半分で守口へ向かったのでした。

「板金加工屋さんの二代目で、勉強会の先輩やねん。
 会社の本を作りたいそうやねんけど」
そう聞いて思ったのは
「制作の仕事なんてわからないだろうなぁ」。
飲みに行くといえばスナックかラウンジしか知らない、
コッテコテギッラギラのおっちゃん社長やったらキツイなあ…
紹介の手前、ゆるくお会いするだけしてみよう……
そんな気持ちで、しとしと降る雨の中を出かけたのです。

ところが、初めてお会いした小倉さんは
たいへん前向きな思考回路を持った挑戦者で(というか前にしかいけないというか)
でもとってもアッサリすっきりした印象の「経営者」でした。
町工場仲間や職人の技術、地元守口への愛情たっぷりで
儲けたいとかお金になるとかの言葉はついに一言も出ず
「スモールハンドレッドになりたい」と熱く語られたのです。

その頃、電気自動車プロジェクトはイバラの道のまさに渦中、
「毎日ほんま大変や〜」と眉を寄せて笑う小倉さんに
自分と似た気質を感じとったのでした。

誰かに聞いた言葉より、脳で考えたことより、
自分の目で見て、肌で空気を感じること。
そのカンが何よりの基準なのです。

本のイラスト.jpg続きを読む
posted by マッキー@組立通信LLC. at 15:21| Comment(0) | 町工場のおやじ、電気自動車に挑む 出版日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。