2010年07月15日

「もう選ばないもの」は…

現在49歳の噺家・桂三風さんは
「古典落語は50歳でやめる」と決めているそうです。
古典も創作もやる、どっちつかずの状態に身をおいていたのは
「これまでは両方に色気があったからだ」と。

映画ロケの合間の、短く楽しい会話の中だったのですが、
「古典をやっている時間は僕にはもうない」と言う三風さんの発言が深く
刺さってしまいました。

エネルギーにも時間にも限りがあるから、
人は何にどう使うかを日々選んで生きています。
ただ私には、
「大きな目標を決めて逆算し、小さな目標に落として日付を入れる」というような
アツいストイックさが少しもないため、
どちらかというと「もういい」と思うものを落としていっている。
でも、三風さんの言う「色気のあるもの」を捨てていけば
まだまだ落とせるものがあるはず…。

「迷い」ではなく、「色気」を捨てていく。
何を選ぶかを決められないなら、もう選ばないもの、自分に必要でないものを決める。
それが
明日いる自分の場所を決めるのでしょうか。
posted by マッキー@組立通信LLC. at 20:39| Comment(0) | マッキー禅問答 | 更新情報をチェックする

文化人、荻野丹雪さん

ちょっと気合のいる筆文字を描く仕事があり、
久々に雅号印を押しました。
この印、荻野丹雪さんに作っていただいたもので、
「これぞ」という仕事でなければ押さない大切なものです。

荻野丹雪さんは、NHKのちょっと前の大河ドラマ「新選組!」や
サントリーウィスキー「響」の文字を描かれた書家さんで、グラフィックデザイナー。
現代アートの作家さんでもあり、また大変な文化人で
歌も踊りも和楽器も舞台に立つほどの腕前。
名の知れたデザイナーや芸術家には、カミソリみたいに鋭利な方が多いのですが
見る目は厳しいのに、とても気さくで優しくて
いつも出し惜しみも手加減もせずにお話をしてくださるのです。
ご一緒する中で教わったとおりに「八体字典」や「変体かな字典」を取り寄せたり
書道に通いなおしたり。文化的影響もかなり受けました。

丹雪さんの筆文字は優しくてあたたかく、とても可愛らしい(男性なのに!)。

私淑というのでしょうか、
素敵な方々に出会い、教わったことが
いつのまにか血となり肉となっています。


posted by マッキー@組立通信LLC. at 00:00| Comment(0) | マッキー禅問答 | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

女には気をつけろ

世界初のカラー長編アニメ映画「白雪姫」を鑑賞。
グリム童話のタイトルは「白雪姫と7人の小びと」。
小びとたちは炭坑で宝石を採取する仕事をしている、いわば「7人のおやじ」ですが
この小びとたちが歌う「ハイホー♪ハイホー♪仕事が好き〜♪」が
なんとも楽しい。

英語では「Heigh-Ho,Heigh-Ho,It's home from work we go」。
直訳すると「やれやれ仕事が終わった、お家に帰りましょ〜」となるのでしょうが
なぜか吹き替え版では「しご〜とが好き〜♪」

それにしても、頭を使って見ないでいい単純明快なストーリーを
80分の娯楽作品に仕立てたディズニーは、やっぱりすごい〜。

80分ということは、大人の鑑賞に耐える映画と言うことで
これが、アニメなのにミュージカルを見ているかのように錯覚してしまうのです。
人の動きを撮影してからアニメーションにしたそうですが
鳥や動物たちのノビノビした踊りや演技は「創造」です。

「白雪姫」が発表されたのは1937年、戦前「のらくろ」が生まれてまもない
70年以上も昔のこと…。
きっと世界中の人々が初めて見るアニメ映画にたまげ、口を開けて観たのでしょう。

「ハイホー♪」と同じくらい私に刺さったのは
怒りん坊の小びとが言う「女には気をつけろ!」という口癖。

白雪姫を見て育った子供たちは
「仕事が好き♪」で「女には気をつける」大人になったのでしょうか。
posted by マッキー@組立通信LLC. at 01:00| Comment(0) | マッキー禅問答 | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

勝間和代さんVS秋元康さん

先日テレビで、勝間和代さんが秋元康さんにインタビューをする番組をしていて
この「ありえない組み合わせ」にすっかり聞き入ってしまいました晴れ

何に刺さったって、
「マーケティングも分析もしたことがない」と秋元さんが言い切ったこのインタビュー、
勝間さんが導きたかったであろう答えにちっとも落ちないのです。
「今世の中にあるものは全て過去のものだから
それを研究したり分析しても意味がない」と。
でも「日々自分の目に移り、耳に入ったストックは山盛り背中のリュックの中にある」と。

いつだったか、脚本家の山田太一さんも
「電車で女子高生がしゃべっている、その会話がいい」というようなことを書いておられました。
私はAKB48とおニャンこクラブの大ファン…ではなくて
80年代ポップスや松任谷由美さん、稲垣潤一さんの歌が好きで、よく聴いていたのです。
作詞の秋元康さんが編み出した言葉が素敵で、
ジャケ買いした「ジェリービーンズの片想い」には一冊の本としての仕様が刺さり、
10代半ばというのに、理想のタイプを聞かれて「秋元康さん」なんて答えて
引かれていたものでした。

思えば、中高の学生時代をちーっとも堪能することなく、
ひたすら音楽を編集し、むさぼるように本を読んでいたのです。
洋楽も邦楽も、80年代の音楽はキラキラで、大人が輝いて見えていました。ぴかぴか(新しい)
もっとも実社会に出た頃にはすっかりバブルははじけとび
キラキラの80年代の世界なんてどこにも存在しなかったのですが… たらーっ(汗)

人の感性は理屈じゃないし、分析して生み出したからといって琴線に触れるわけじゃない。
日々綿密なリサーチとマーケティングを重ね、きちんと予測を立て、
予定通りの壁を乗り越えて思うようにコントロールしてきたであろう勝間さんの目に
「壁があったら、逃げます」と答えた秋元さんは、
どんなふうに映ったのでしょうか。
posted by マッキー@組立通信LLC. at 01:03| Comment(0) | マッキー禅問答 | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

1億円の設備投資

ボウリング場のレーン、1組2レーンを作るだけで
1億円かかるそうな。

情報誌「Ferie」の取材でこれを聞いてから、
「2億の負債」とか「2億円のビル」と聞くと
「ほおお、ボウリング4レーン分か」なんて換算してるから、
自分のことはさておける金銭感覚の変化って、恐ろし〜い。

といっても、レーンの1億円は「使っちゃっていい」お金ではなく
ランニングコストでもなく
お金を生むための設備投資なわけですが、
それでも10億円で20レーン、20億円でも40レーン。
大金のはずが、こうなるとそう大金でないような……。

保証協会は、景気対策緊急融資制度のおかげで
数百〜数千万円の借入相談をする中小企業の経営者であふれています。

経営者と話していてよく耳にするのが
「銀行は怖い」とか「業績が悪くなるとあっさり手のひらを返して」といった類の言葉。
でも、怖くてあたりまえなんですよね……怖いから、毎月返済するんです。
怖くないところで借りるから返さなくなるし、やがて薄暗い世界に入っていくんでしょう。

保証協会だったか金融公庫だったか、
ブースの壁に「大声禁止」の貼り紙がありました。       ^^;
posted by マッキー@組立通信LLC. at 14:56| Comment(0) | マッキー禅問答 | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

熟女って???

何の雑誌だったか、作家の松久淳さんがコラムに書いてましたが
AVの世界では25歳を過ぎれば「熟女」なのだそうです。

へー、ほー、と調べてみましたら
熟女は「熟年」の派生語で、「熟年」とは「50歳前後の中年以降」。
「熟年離婚」の定義は「結婚して20年以上暮らした夫婦の離婚」。
いずれも1970年代に生まれた俗語なので、定義といってもゆるいのですが
では熟女って、いったいいくつぐらいの感覚かというと
一般的には「40〜50歳ぐらい」。

うーん、25歳で熟女とは…。どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)

このコラムを書いた作家さんは男性で、
「熟女と言われて観ても、自分から遠すぎてリアリティがわかない」云々と書かれていました。
そりゃぁ、そうでしょうね〜。

そういえば、天六にあるストリップ劇場「ナニワミュージック」では
ママさんは40代でも美しく、現役で活躍されてました。

posted by マッキー@組立通信LLC. at 19:41| Comment(0) | マッキー禅問答 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。